営業ツールとして役立つホームページ seoに対応したホームページ作成。

見た目にキレイなホームページなだけでは売り上げにつながらないのです。自社の認知や売上につなげるための営業ツールとして役立つサイト制作を行う必要があります。

seoのコンテンツの種類について

seoのコンテンツであるパンダアップデート、ペンギンアップデート、フレッドアップデートという単語をご存じでしょうか。ぱっと聞いた感じですと難しい単語に聞こえてしまいますが、実はそんなに難しい内容ではなく、グーグル検索で使用されているアルゴリズム・アップデートと呼ばれるもので簡単にいうと「内容の質が低い記事に関して、検索の上位に来ないようにしてある」システムのことです。

アメリカなど海外では2011年から使われてきた方法の一つなのですが日本では2012年から導入されています。最初の頃はファーマー・アップデートとも呼ばれており、内容変更に伴って名前も変わっていったものとされています。

seoにおけるコンテンツ作成について

seoを意識しながら、ホームページを作っていく作業は大変な作業とも言えます。しかしながら、ユーザーの目線のコンテンツ作りをしていく上で、欠かせないものとなっています。現代では一般的なことになりつつありますが、フレッドアップデートやペンギンアップデート、パンダアップデートなどの仕組みは、存在価値が非常に高いものであると言えます。

アップデートされていくなかで影響を受けてしまうと大変になりますが、それらはユーザーにとって有益なホームページ作りが作成できる事につながってきますので、誇りを持ってホームページを作成していくことです。

seoのコンテンツのアップデートについて

seoのコンテンツのアップデートはどのようなことを意味するのでしょうか?端的にいってしまうと「内容の質がよくなかったり、稀薄だったりする検索結果が上位に表示されない」ということで、グーグル検索で使用されているフレッドアップデートや、パンダアップデート、ペンギンアップデートをはじめとするアルゴリズム・アップデートのことです。

英語圏内では2011年から取り入れられており、日本では2012年と他の国よりも遅い時期に導入されました。最初の頃はファーマー・アップデートとも呼ばれていました。導入された背景としては誰でも簡単にサイトを作れるようになった代わりに内容があまりに低品質のものが増加したためです。

seoにおけるコンテンツの重要性とは

seo対策をしていくなかで、本来の目的であるユーザー目線のコンテンツ作りをすることが可能になります。ペンギンアップデートやパンダアップデート、フレッドアップデートなどのルールを考えながら作成していくのは大変なことですが、結果としてユーザーにとって利用しやすいホームページを作成することにつながり、企業や個人にとっても非常に有益な結果となります。

各アップデートが更新されると、時として検索結果が大きく影響することもありますので、大変ではありますが時代にあったコンテンツ作りが可能になり、なくてはならないものを作れる可能性が高まります。

seo対策にはコンテンツを見直しましょう

コンテンツには、ペンギンアップデート、パンダアップデート、フレッドアップデートがあります。アップデートごとに、対応策が異なりますので、なかなか自分ですることは難しいです。そこでseo対策を専門にしている、企業が役に立ちます。

企業であれば、コンテンツの見直しをしてくれますし、サイトの悪い点などを教えてくれます。どのように各アップデートに対策したら良いのかも教えてくれますので、とても利用している方が多いです。企業を利用することにより、閲覧順位を上げることができるので、売り上げを上げることもできます。

実績で選ぶseo会社

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
http://www.seo-foa.com/

seoについての記事

seo、ホームページ作成(ECサイト構築)、オリジナルTシャツ作成についてページを増やしていきます。

seo、ホームページ作成(ECサイト構築)、オリジナルTシャツ作成について興味のある方はこちらを見てください。大阪、東京には貴社にあったホームページ制作会社があります。

seo、ホームページ制作(ECサイト構築)、オリジナルTシャツ作成以外のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る